« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月23日 (金)

よく分からない人

大学受験生の息子、休みなのに学校へいくより早い時間に出かけるという。

どうやら映画を見に行くらしい。

そんな余裕はあるのかぁ!!

「学校においてあったから」って、願書をどんどん持ってくるけれど、受けるのはあたしじゃないんだけれどなあ。

彼はわかっているのだろうか。

2012年11月18日 (日)

たまたま

息子が気にしていた流星群はお天気が×でした。

残念。

なぜいつも流星群?と聞いたら、「たまたま」と答えていたけれど、きっと好きなのに違いない。

2012年11月17日 (土)

なぜか流星

普段は星なんか見ている様子がない息子は、なぜか流星群の出るときだけ「今日は流星」って声をかけてくれる。

一人で夜中に見ていたこともあった。

何年か前に流星を見ようと我が家のわりと近くにある農業地帯にいってみたことがあった。そのときは確か見えたような。

そんなことを覚えているのかな。

今日の流星はちょっと厳しそうだけれど、朝方だったらもしかしたら見えるかな。

2012年11月15日 (木)

暖かい帰り道

先週まではちょっと忙しく、娘と一緒に時間を合わせて帰ることができなかった。

このところ一緒に帰っている。

学校のことを話しながら帰るのは楽しい。家に帰ってしまうと、意外と話をしないので、この帰り道、ちょっと寒くなった道のりをあったかい気持ちで帰ることができる。

途中の塾では息子が勉強している。頑張っているのかなあと思いながら通り過ぎていくときもちょっと暖かい。

2012年11月11日 (日)

学校関係の手続きの煩雑さ?

学校関係の手続きやいろいろな申し込みなど、何日が締め切りというものを忘れないようにするのに大変。

ついつい机の上にそういう関係の書類を積み上げている。

どこかにしまいこむと忘れてしまうからだ。

先ほどまで、入金の確認をしたり写真の注文や冬期講習の申込書記入を半分寝ながらこなした。これでしばらく安心かな。

2012年11月 4日 (日)

娘が力を注ぐもの

娘は学校のお友達と誘い合わせて、お出かけ。

朝から着るものを合わせて、ああでもないこうでもないとやっていた。

結構遠くまでのお出かけなので心配は心配だけれど、家から遠い学校に通えばお友達も全然違う方向から通っているわけで、行動範囲が広がってしまうのは致し方ない。

できれば、そういう情熱を、お勉強のほうにも少し注いでくれたら・・・

それでも、ある行事のクラス代表として頑張ることにしたようなので、娘がそれから何かを得ることを期待したいと思う。

2012年11月 2日 (金)

機会がないままに

結構寒くなってきた今日この頃。芸術の秋っていうのか、久しぶりにクラシック音楽にふれる機会があった。

昔は、ずいぶんコンサートに行く機会があったけれど、それから子育ての日々が始まり、育った子供たちはクラシックに全く興味なしで、ずーっとご無沙汰。

娘の学校では、結構音楽会のお誘いをいただくのだけれど、これもなかなかいくチャンスがない。せっかくだから、いきたいのだけれどなあ。

そういえば息子の学校のPTAのお散歩関係もいきたいと思いつつやはりいけないまま、もうすぐ卒業ではないかあ。

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »